龍谷大学

HOME > 研究 > 研究部 > 公募情報

公募情報

1~50 / 632 次の50件
登録日 分野 ステータス 公募名 公募概要 締切日 備考欄
2018/01/29 社会科学 公募中 平成30年度産業財産権制度調和に係る共同研究調査事業 派遣研究者募集 一般財団法人 知的財産研究教育財団 知的財産研究所では、特許庁の委託を受けた産業財産権に係る共同研究調査事業の一環として、「国外研究機関における調査」を実施します。これは、我が国の研究者を、外国(欧米諸国等)の研究機関に派遣し、主に日本を含む複数国間において産業財産権制度に関する制度調和が中期的に必要な課題について共同研究により調査するもので、派遣研究者を募集します。 2018/02/28 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2018/01/22 自然科学 公募中 平成30年度 金沢大学環日本海域環境研究センター共同研究 ・研究集会公募 環日本海域を対象とする国内外の共同先端研究を推進して成果を発信するとともに、次世代を担う若手環境研究者を育成する「共同研究」及び「研究集会」の課題を募集します。
「共同研究」・「研究集会」では、大気環境、海洋環境、陸域環境、統合領域の領域に所属する施設や国際共同研究ネットワークや国際観測ネットワークを活用して積み重ねてきた環日本海域の研究実績等のリソースを有効に活用し、国内外の関連分野の研究者の参画を通して、グローバルな視野で越境汚染に伴う環境変動に関する国際共同研究拠点を形成する共同研究プログラムを推進します。
2018/03/09 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2018/01/12 その他 終了 平成30年度ECOMO交通バリアフリー研究・活動助成 交通バリアフリーに関わる先進的な調査研究や技術の研究開発、交通バリアフリーに関わる調査研究や活動を行う個人、団体等に対して助成を行い、交通バリアフリーの促進に寄与することを目的とします。 2018/01/31 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2018/01/12 その他 公募中 平成30年度 公益財団法人 三島海雲記念財団 学術研究奨励金(共同研究奨励金) 自然科学と人文科学の学術研究において、共通の課題に関し、複数の研究機関の研究者が連携して取り組む共同研究を対象とし、共同研究グループに対する助成 2018/02/28 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2018/01/12 その他 公募中 平成30年度 公益財団法人 三島海雲記念財団 学術研究奨励金(個人研究奨励金) 自然科学と人文科学の学術研究において、将来の発展が期待できる優れた研究を支援します。若手研究者および女性研究者の積極的応募を期待します。 2018/02/28 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2018/01/12 社会科学 終了 平成30年琉球大学国際沖縄研究所 個人型共同利用 公募について 琉球大学国際沖縄研究所(以下,本研究所)は,沖縄やアジア太平洋地域を含む世界の島嶼地域の自律的・持続的発展に資する学際的共同研究の推進をその使命としています。本共同利用・共同研究(以下,共同研究)は,この目的を達成するために,国内外の島嶼地域研究者との学術ネットワーク拠点の活動の一環として実施するものです。 2018/01/30 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2018/01/12 社会科学 終了 メルコ学術振興財団~日本の管理会計を世界へ~ 2017年度(三次募集)管理会計研究助成 日本企業で実践されている優れた管理会計実務の定式化、又は理論化を目指す研究に対する助成等を通じて、わが国の学術及び文化の向上発展に寄与することを目的としています。 2018/01/31 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2018/01/12 その他 終了 平成30年度 総合地球環境学研究所 コアプロジェクト・フィージビリティー研究(FS)公募要領 総合地球環境学研究所(以下「地球研」という。)は、地球環境問題の解決に向けた学問を創出するための総合的な研究を行う目的で、大学共同利用機関として平成13年に創設されました。

地球研の使命は、諸分野で個別に取り組まれている研究を鳥瞰し、環境問題の本質を解明するとともに、人間と自然の関係のあり方を統合的に提示することであり、設立当初から「地球環境問題の根源は人間文化の問題にある」と位置づけ、文理融合を中心にした「学際研究」や、研究者と社会の直接の連携に根ざした「超学際研究*」を特色とする、多様な研究プロジェクトを通して、課題解決型の研究に取り組んで来ました。

平成28年度から開始された第三期中期計画では、新しくプログラム-プロジェクト制を導入し、ボトムアップ型のプロジェクトを統括・統合し、総合知の形成を強力に推進する体制を構築しました。プログラムは「実践プログラム」と「コアプログラム」からなり、コアプログラムは複数のコアプロジェクトから構成されます。コアプロジェクトは、個別の課題や分野に限定されず、様々な地球環境問題に適用が可能であり、総合地球環境学としての基礎と汎用性を持った「社会との協働による地球環境問題解決のために必要な理論・方法論の確立」(地球研FR、FS及びIS審査実施要領を参照)を目指します。なお、研究の実施にあたっては、現在進行中の実践プロジェクト(実践プログラムに所属して、具体的な地球環境問題の解決を目指すプロジェクト)及びこれまでに行われてきた数多くの地球研のプロジェクトの中で培われてきた、地球研の様々な研究資源(研究課題と成果、研究フィールド、人的ネットワークなど)をご活用いただけます。

コアプロジェクトの研究成果は、地球環境問題の解決を目指す国内外の研究機関・研究者や社会の多様なステークホルダーの間で広く共有され、地球環境問題の解決に向けて真に有効な理論・方法論となって行くことが求められます。

コアプロジェクトは、2-3年間の研究プロジェクトとして実施され、年間1000万円程度の研究予算が支給される予定です。今回の公募では、コアプロジェクトのフィージビリティー研究の提案を募集します。研究者コミュニティーの外部からの応募も歓迎します。

*超学際研究:超学際研究とは、研究者のコミュニティーが、研究者以外の社会の様々な関係者(ステークホルダー)と連携・協働して、新たな智の創出を行う研究を指し、ステークホルダーの特定から、協働のための企画作り、共同研究の実施、研究成果の発信と社会での実装まで、さまざまな過程から成ります。
2018/02/16 応募される方は直接ご応募下さい。
2017/12/22 その他 公募中 (一財)冠婚葬祭文化振興財団 第19回社会貢献基金助成公募のお知らせ 本基金は、地域の種々の災害の救済、社会福祉事業、環境保全事業、地域のつながり事業、冠婚葬祭継承などの社会貢献活動や、社会貢献に資する調査・研究事業に対して助成を行い、日本の生活文化と地域社会の発展に寄与することを目的としています。
 人と人とがいつも温かくあるために、社会のお役に立ちたいと願っています。
 なお、前回の第18回募集から、平成28年6月に設立された(一財)冠婚葬祭文化振興財団が社会貢献基金事業を引き継ぎ、社会貢献事業に対する支援を行っております。
2018/02/28 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2017/12/22 その他 終了 地方創生人材支援制度による派遣希望人材募集について 地方創生人材支援制度につきまして、大学、民間シンクタンク及び民間企業・団体からの派遣を希望する人材を募集します。 2018/01/19 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2017/12/22 その他 終了 平成30年度 統計数理研究所 共同利用公募案内 統計数理研究所の共同利用は、大学等に所属する研究者が、統計数理研究所にこれまで蓄積されてきたさまざまな研究資源を活用して、統計に関する数理及びその応用研究を行い、その成果をもって学術研究の発展に資するものです。
共同利用参加者には、統計数理研究所が有する最先端の研究資源と研究環境を提供します。こうした趣旨に賛同し、参画を望む研究所からの積極的な応募を歓迎します。
2018/01/11 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/12/19 社会科学 終了 公益財団法人日本生産性本部 生産性研究助成 生産性研究助成制度は、日本生産性本部創立35周年、および経営アカデミー(産学協同による本格的な経営幹部養成のための産業界の経営大学院)創設25周年を記念して、1990年(平成2年)に設けられたものです。
 1955年の本部創立以来、各界の代表により構成された中立的立場で展開されてきた生産性運動の諸活動は、我が国産業・経済発展の原動力となってきましたが、この間の生産性向上のための調査、研究、人材育成など、学界・産業界の諸賢が果たしてきた役割と成果は多大なもので、その役割は今後ますます期待されるものであります。
 本研究助成制度はこのような認識に立って設けられ、若手の研究活動を助成していくものです。学界を中心として、民間研究機関、経営アカデミーに係わる実務界の方々も含め広く募集いたします。
2017/12/25 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/12/14 その他 終了 科学技術コミュニケーション推進事業 未来共創イノベーション活動支援 平成30年度募集 リスクコミュニケーションを含む科学技術コミュニケーション活動を推進するとともに、大学・公的研究機関等と、国内外の様々なステークホルダーが対話・協働し、それらを政策形成や知識創造、社会実装等へとつなぐ共創の場を構築する活動を支援します。
有望な共創を掘り起こし、その活動を資金面で支援することで、その活動の発展を加速させるとともに、共創およびその必要性に対する社会の認知度を高めることを目指します。
また、顕在化している社会的期待や問題への取組みだけでなく、潜在的な社会的期待や問題への取組みも求めます。
2018/01/22 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/12/05 自然科学 終了 物質・デバイス領域共同研究拠点 平成30年度共同研究課題募集 物質・デバイス領域共同研究拠点は、物質・デバイス領域における先端的・学際的共同研究を推進するため、北海道大学電子科学研究所、東北大学多元物質科学研究所、東京工業大学化学生命科学研究所、大阪大学産業科学研究所、九州大学先導物質化学研究所の5研究所からなるネットワーク型の共同研究拠点として平成21年に文部科学省より認定されました。
2017年12月1日より、物質・デバイス領域共同研究拠点平成30年度共同研究課題の公募を開始しましたので、お知らせいたします。
2017/12/19 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/11/28 社会科学 終了 MDSI 医療機器産業研究所 2017年度 調査研究助成【公募型リサーチペーパー】 医療機器産業研究所は、医療機器産業を取り巻く環境及び中長期的な課題について調査分析を行い、その成果をリサーチペーパーなどにまとめてきました。それらの活動を通して、新しい製品の持続的導入と医療費抑制という二つの社会的要請を踏まえた中においても産業振興をさらに加速することが重要と考えています。
そこで、大学・研究機関の研究者からも社会科学系研究の手法による医療機器産業を活性化させるための提言及び社会科学系研究者の育成を通じた裾野の拡大が必須であると考え、この度、研究助成制度として「公募型リサーチペーパー」の募集を開始することとしました。
2017/12/11 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/11/28 その他 終了 国立情報学研究所「平成30年度共同研究公募」 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所(以下「本研究所」という。)は、大学共同利用機関として、わが国の情報学分野での「未来価値創成(学術創成)」を目指し、国内外の大学及び研究機関の研究者との共同研究を推進しています。近年、情報学には、人と社会に今までにない実価値を生み出す新しい理論、方法論、応用展開(未来価値)が求められています。そのような研究の更なる推進と他の学問分野との連携による研究の開拓を進めるため、本研究所内外の研究者から共同研究を募集します。 2017/12/04 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2017/11/17 その他 終了 公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団 平成30年度(第52次) 研究助成募集 “広告・広報・メディアを中心とするマーケティング及びコミュニケーション等”に関する研究助成を通じてその理論・技術及び知識・情報の普及・発展を図り、もって学術・文化・経済の持続的発展及び一般消費者の利益の増進に資することを目的とする。 2018/01/10 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2017/11/15 その他 終了 先端科学(Frontiers of Science, FOS)シンポジウム平成30年度開催分参加者候補の募集について 本シンポジウムは、日本と諸外国の新進気鋭の若手研究者が、様々な研究領域における最先端の科学トピックについて、分野横断的な議論を行う合宿形式のシンポジウムです。シンポジウムに参加した若手研究者がより広い学問的視野を得るとともに、次世代のリーダーを育成し、ネットワークを形成することを目的としております。平成30年度はドイツを相手国として日本での開催を予定しています。 2017/11/20 推薦要項を確認のうえ、研究部に書類を提出してください。
2017/11/15 その他 終了 パブリックヘルス科学研究助成金 公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンターはストレス科学に関する研究の実施および支援を行うために、1984年に設立されました。
2013年4月より「公益財団法人」として認められことに伴い、より幅広い研究主体への支援を通じた研究成果の創出、共有を目指し、研究助成事業を開始いたしました。
2017/12/01 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください
2017/11/06 自然科学 終了 公益財団法人京都技術科学センター 平成30年度研究開発助成テーマの募集 公益財団法人京都技術科学センターでは、科学技術分野において、将来の発展を期待される優秀な研究開発に対して、研究開発費の助成を行っています。
第21回目となります平成30年度研究開発助成テーマを募集しますので、奮ってご応募ください。
2018/01/19 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/11/06 その他 終了 国立研究開発法人情報通信研究機構 平成30年度委託研究~欧州との連携によるハイパーコネクテッド社会のためのセキュリティ技術とBeyond 5G先端技術の研究開発に関する公募~ 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は、欧州委員会(EC)が実施するHorizon2020と連携して、2つの課題について研究委託を実施します。NICTは、日欧共同で研究開発を行う日本の研究機関に対して委託を行います。
日欧が協力して研究開発を行うことで、双方の強みを戦略的に組み合わせるとともに、国際標準化をにらんだ研究開発力の強化や国際的な研究開発・実証環境の構築を図り、今後も研究開発分野における協力関係を継続し、深化させていきます。
2018/01/31 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/11/02 人文科学 終了 京都光華女子大学真宗文化研究所 平成30年度「学内・学外研究員」募集 本研究所では、本学創設の教育理念でもある「真実心」(浄土真宗の開祖親鸞聖人の言葉)を踏まえつつ、現代社会において真に生命力をもつ真宗文化の具体的な姿を探求し、併せて宗教教育の原点を明らかにすることを主眼とし、活動してまいりました。
その事業の一環として学外への公募を行い、学内・学外に広く研究員を募集し委嘱したいと考えております。
2017/12/01 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/11/01 その他 終了 公益財団法人JKA「平成30年度 競輪&オートレース研究補助事業」 公益財団法人JKAでは、地方自治体が開催する競輪とオートレースの売上の一部を用いて、国内機会産業の更なる発展に貢献することを目的に、自転車・小型自動車等機械の振興、体育事業その他の公益の増進を目的とする事業に対する補助事業を行っています。 2017/11/20 ・応募される場合は、所属長(学部長等)の了承をえてご応募ください。

・上記締切日15時が、事業者登録の期限です。
2017/10/30 その他 終了 2018年度 パブリックヘルス科学研究助成金 公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンターはストレス科学、生命医科学に関する調査研究の学術の振興に寄与することを目指し、またその成果を広く社会に還元することにより、国民の健康に資することを目的として、若手研究者を対象とした研究助成事業を開始いたしました。 2017/12/01 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/10/30 自然科学 終了 公益財団法人永守財団 「第4回永守賞〈2018〉」 モータは私たちの生活になくてはならない存在であり、今やモータが世界で発電される電力量の 約55%を消費しているといわれるほど、たくさんのモータが様々な場所で使われています。それゆえ、 モータの研究開発は私たちの豊かな生活と地球環境の永続的保全の双方にとって、非常に大きな テーマとなってきています。 今年も、モータに関する技術の研究開発を、より活発化するために、『第4回永守賞』を募集いたします。 2018/01/31 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/10/30 人文科学 終了 学習院大学東洋文化研究所「東アジア学」共創研究プロジェクト研究課題の募集 学習院大学東洋文化研究所は朝鮮・中国を中心としたアジア地域の研究をおこなう大学附置研究所です。「東アジア学共創研究プロジェクト」は将来性のある若手研究者を本学専任教員が受け入れ、東アジアに関する様々な問題に対して既存の学問分野を越えて学際的・国際的な研究をすすめ、新たな「東アジア学」を共同で創り出すことを目的としています。 2017/11/24 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/10/30 自然科学 終了 平成30年度「アルミニウム研究助成事業」公募 アルミニウムは、軽量性、熱伝導性、耐食性等の優れた特性により近年急速にその用途を拡大し、現在ではあらゆる分野で必要とされる金属材料となりました。
特に、地球環境対応が重要な課題となっている現在、優れたリサイクル性を有し、使用時の省エネルギーに貢献する金属材料として高く評価されています。
このように優れた特性を持つアルミニウムをさらに発展させ、急速に変化する社会の要請に応えるためには、アルミニウムに関する多方面からの技術研究が重要となります。
本事業では、アルミニウムの可能性をさらに広げるため、長期的な視野に立ち、アルミニウムの技術研究を行う若手研究者の育成をめざすと共に、優れた技術研究を助成することにより新たなアルミニウム市場の創造と発展に資することを目的に、「アルミニウム研究助成事業」を実施しています。
2018/01/31 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/10/27 人文科学 終了 一般財団法人本願寺派教学助成財団「教学研究資金助成」 浄土真宗本願寺派の教育機関等に所属する研究者で、 真宗学や仏教学及び宗門にとって必要な学際的研究を行っている個人及び団体を対象とする助成金で宗門の教学振興及び学術の発展を目指します。 2017/12/13 応募される方がおられましたら世界仏教文化研究センター事務部(cswbc@ad.ryukoku.ac.jp)まで募集要項及び申請書をご請求ください。
2017/10/25 自然科学 公募中 産学共同実用化開発事業(NexTEP) 平成29年度募集(第三回締切) 産学共同実用化開発事業(NexTEP)は、大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する「一般タイプ」と、ベンチャー企業が行う、未来への産業創造に向けた開発リスクを伴うインパクトの大きい開発について支援する「未来創造ベンチャータイプ」を設けています。

「一般タイプ」では、一定の財政基盤を有する大企業から中堅中小企業等が行う、大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援します。

「未来創造ベンチャータイプ」では、原則として設立後10年以内の未上場企業が行う、開発リスクは高いが未来の産業を創造するインパクトが大きい開発を支援します。
2018/03/30 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2017/10/25 自然科学 終了 産学共同実用化開発事業(NexTEP) 平成29年度募集(第二回締切) 産学共同実用化開発事業(NexTEP)は、大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する「一般タイプ」と、ベンチャー企業が行う、未来への産業創造に向けた開発リスクを伴うインパクトの大きい開発について支援する「未来創造ベンチャータイプ」を設けています。

「一般タイプ」では、一定の財政基盤を有する大企業から中堅中小企業等が行う、大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援します。

「未来創造ベンチャータイプ」では、原則として設立後10年以内の未上場企業が行う、開発リスクは高いが未来の産業を創造するインパクトが大きい開発を支援します。
2017/11/30 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2017/10/23 自然科学 公募中 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 平成29年度 ステージIII:NexTEP-Aタイプの募集(第三回締切) 大学等研究成果に基づくシーズを用いた、企業等(「開発実施企業」という。)が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援し、実用化を後押しすることで、大学等の研究成果の企業化を目指します。 2018/03/30 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2017/10/23 自然科学 終了 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 平成29年度 ステージIII:NexTEP-Aタイプの募集(第二回締切) 大学等研究成果に基づくシーズを用いた、企業等(「開発実施企業」という。)が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援し、実用化を後押しすることで、大学等の研究成果の企業化を目指します。 2017/11/30 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2017/10/23 その他 終了 公益財団法人サッポロ生物科学振興財団 2018年度助成公募 豊かな食文化創造のための基盤となる心と体にやさしい『いい食』を実現するには、食の5要素 (美味しさ、安全安心、健康機能性 ( 栄養機能と生体調節機能 )、容易性(生産・加工・調理・摂食などの容易性)、安定供給(量的、質的、適価 ))を満足させる食科学の発展が必要であり、公益財団法人サッポロ生物科学振興財団は食科学の発展に貢献する研究調査を対象に助成し、もって我が国の豊かな食文化の創造に貢献するものである。 2017/12/25 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2017/10/23 その他 終了 平成30年度「乳の学術連合」学術研究の公募 この度「乳の学術連合」では、牛乳乳製品の価値向上に繋がるとともに乳を通して社会に貢献するための多種多様な情報を広く収集・発信することを目的に、「平成30年度『乳の学術連合』学術研究」として、一般社団法人Jミルクとの共同により、構成組織である「牛乳乳製品健康科学会議」「乳の社会文化ネットワーク」「牛乳食育研究会」それぞれの分野に係る学術研究を広く公募いたします。 2017/12/31 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2017/10/23 その他 終了 未来社会創造事業「科学技術で作りたい未来社会像」提案募集 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は、未来社会創造事業を行うにあたり、科学技術で作りたい未来社会像、すなわち社会・産業が望む新たな価値の提案を広く募集します。
皆様からの提案を踏まえて「重点公募テーマ」を設定し、それに基づいて、大学、企業、公的研究機関等から研究構想を公募し、研究実施者を選定します。
2018/01/11 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/10/20 その他 終了 国立研究開発法人情報通信研究機構 平成30年度委託研究「スマートコミュニティを支える高信頼ネットワークに関する日米共同研究提案」の公募 NICTでは、日米共同で研究開発を行う日本の研究機関に対して研究開発の委託を行うこととし、米国国立科学財団(NSF:National Science Foundation)と共同で研究開発の提案を募集いたします。
日米双方の強みを戦略的に組み合わせることで、将来的なネットワーク先進技術分野における研究開発力の強化や国際連携を軸とした共同研究開発に取り組み、IoT時代におけるネットワークの高信頼化の早期実現を目指します。
2017/12/04 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2017/10/20 その他 終了 国立研究開発法人情報通信研究機構 平成30年度委託研究「脳情報通信に関する国際共同研究開発」の公募 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は、アメリカ国立科学財団(NSF: National Science Foundation)との覚書(MOU)に基づき、日米共同で脳情報通信に関する日本の研究機関に対して研究開発の委託を行うこととし、NSFと共同で研究開発の提案を募集しますのでお知らせします。
この研究開発は、CRCNSと呼ばれる国際間(米国、ドイツ、フランス、イスラエル、日本)共同研究フレームワークの下で実施するもので、本公募における研究開発体制は、米国の研究機関の参加が必須条件となり、日本と米国に加えイスラエルの研究機関を含めることが可能です。
(ただし、今回の公募では、ドイツ、フランスは含まれません。)
日米連携を軸とした国際共同研究に取り組むことで、脳情報通信の分野における研究開発力の強化や効率的な研究の推進を目指します。
2018/01/09 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/10/19 自然科学 終了 大学発新産業創出プログラム(START)「事業プロモーター支援型」平成30年度募集 「大学発新産業創出プログラム(START)」では、事業化ノウハウを持った人材(「事業プロモーター」)を活用し、大学等発ベンチャーの起業前段階から公的資金と民間の事業化ノウハウ等を組み合わせることにより、リスクは高いがポテンシャルの高い技術シーズに関して、事業戦略・知財戦略を構築しつつ、市場や出口を見据えて事業化を目指します。
START では、大学等の研究成果の社会還元を前提として、産学官に金融機関を加えた、産学官金が連携して持続的な仕組みとしての大学等発日本型イノベーションモデルの構築を目指します。
2017/11/29 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2017/10/19 人文科学 終了 サントリー財団 2017年度「若手研究者のためのチャレンジ研究助成」 人文科学、社会科学の分野において、学問的な新しい地平を切り拓こうとする、意欲ある若手研究者の支援を目的とします。斬新な発想で取り組む、大きな展望を持った研究であると同時に、学術的、社会的に広がりのある研究を対象とします。
本助成は、専門領域からの飛躍を目指す若手研究者による積極的なチャレンジをサポートするものです。助成期間中には、助成を受けた方々と異分野の識者が集まる研究報告会を行い、学際的な視野を広げ、相互研鑽する場を設けます。
2017/11/10 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/10/19 その他 終了 第38回リバネス研究費大阪明星学園賞 大阪明星学園は1898年(明治31年)に創設された、中高一貫教育の男子ミッションスクールです。創立以来「社会の核となって他者のために働きえる人材の育成」を目標として教育活動を続けてきました。
来年の創立120周年を迎えるにあたり、今までの教育内容を見直すとともに、「コミュニケーション力」「情報分析力」「問題解決力」「協働力」「自己規律力」といった、多様化が進む未来社会に向けた新たな力を育む教育のあり方を模索したいと考えております。
2017/11/30 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/10/18 自然科学 終了 平成30年度 原子力機構施設利用共同研究 東京大学大学院工学系研究科原子力専攻では、日本原子力研究開発機構(原子力科学研究所)および量子科学技術研究開発機構(高崎量子応用研究所)の所有する大型研究施設を用いて、大学における原子力およびその周辺分野の基礎研究の発展を図るためにいくつかの研究分野を設定して、それらに参加して頂くことによって効率のよい大学間共同研究を進めます。
原子力専攻共同管理本部では、平成30年度の研究課題を公募します。
2017/10/31 応募される方がおられましたら直接ご応募ください。
2017/10/16 自然科学 終了 公益財団法人油空圧機器技術振興財団研究助成金 公益財団法人油空圧機器技術振興財団は、油圧・空気圧機器及びこれらの機器と周辺機器から構成される駆動システム、並びにこれを補完し、あるいはこれと併用する駆動システムの開発、生産・利用に関する基礎的応用的な技術の調査・研究の援助・助成を行うとともに、我が国及び世界の産業の発展と技術振興に寄与するため、研究等の実施者に所要の研究助成金を交付するものである。 2017/10/31 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/10/13 人文科学 終了 2018年度笹川スポーツ研究助成 募集 笹川スポーツ財団(SSF)は、『スポーツ・フォー・エブリワン』を理念に、わが国のスポーツの普及・振興を目的とした研究調査並びに政策提言を行うべく、各種事業を実施しております。
 その活動のひとつである笹川スポーツ研究助成は、優れた人文・社会科学領域の研究支援と若手研究者の育成を通じて、スポーツ振興ならびにスポーツ政策の形成に寄与することを目的としております。
2017/11/30 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/10/13 その他 終了 一般財団法人山岡記念財団 2018年度 研究助成募集 山岡記念財団は、日本とドイツの学術・文化の交流を目的として設立された財団であり、持続可能な社会の発展に寄与することをめざしています。
この度、日独の若者文化・ライフスタイルの研究の進展と、次世代を担う日独の研究者の育成をめざし、研究助成を公募することにいたしました。
国籍・所属にかかわらず、日独両国に在住する多数の研究者のご応募をお待ちしています。
2017/11/30 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/10/13 自然科学 終了 一般財団法人 田中貴金属記念財団 2017年度「貴金属に関わる研究テーマ」募集 田中貴金属記念財団は、田中貴金属が創立130周年を迎えたことを記念して、2015年4月に、貴金属の新分野を開拓・醸成し学術、技術ならびに社会経済の発展に寄与することを目的として設立され、多くの人々に対して、学術、技術の発展による豊かな社会を感じていただける活動を展開しています。
この活動の一環として「貴金属が拓く新しい世界」へのさまざまなチャレンジを支援するため、貴金属を使用した研究・開発を行う機関に対する研究助成金制度を設けております。
本年度も昨年度と同様に「貴金属が貢献できる新しい技術、製品の実用化に向けての研究・開発」をテーマに、2017年度「貴金属に関わる研究テーマ」を募集いたします。
皆様の研究に対する熱い想いをお待ちしております。ぜひ奮ってご応募ください。
2017/11/30 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/10/13 自然科学 終了 ERATO研究総括候補推薦公募 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)では、国が定めた方針の下で戦略的な基礎研究を推進し、社会・経済の変革をもたらす科学技術イノベーションを生み出す、新たな科学知識に基づく革新的技術のシーズを創出することを目的として、戦略的創造研究推進事業を実施しています。
総括実施型研究(ERATO)では、卓越したリーダー(研究総括)のもと、多様なバックグラウンドを持つ若手研究者が結集し、時限的なプロジェクトの中で独創性に富んだ目的基礎研究を実施します。
今回ERATO型において、今後研究総括となりうる優れた研究者の推薦(他薦)を募集いたします。ご推薦いただいた被推薦者について、平成30年度以降の選考の研究総括候補者の母集団に加える予定です。
2017/11/30 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/10/13 人文科学 終了 公益財団法人富山県ひとづくり財団 第35回「とやま賞」 「とやま賞」は富山県の置県百年を記念し、富山県ならびに日本の将来を担う有為な人材の育成に資する目的をもって昭和59年に創設されました。 2017/11/20 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/10/13 自然科学 終了 平成29年度 戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)日本ースイス(SNSF)共同研究課題募集 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)では、戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)において、スイス科学財団(SNSF : Swiss National Science Foundation)と協力し、日本とスイスの国際共同研究を支援することとなりました。
共同研究課題の提案を募集します。
2017/11/14 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/10/12 その他 終了 公益財団法人セコム科学技術振興財団 平成29年度 挑戦的研究助成~セコムチャレンジ2017~ 公益財団法人セコム科学技術振興財団 では、未来を見据えた技術革新を強力に推進するエネルギーに満ちた若い研究者の挑戦的な研究を、公募により助成いたします。

平成29年度は以下のテーマについて募集します。
・サイバーフィジカルシステム、セキュリティ、人工知能
・階層性を超えた生命基本原理:統合的アプローチ
・人間・社会情報学に基づく人工環境システムの構築
・最先端科学の ELSI(社会・倫理・法的側面)

本研究助成では、新しい研究領域を開拓するような基礎研究を対象としますが、安全安心な社会の実現に貢献する可能性のある研究課題を募集します。
2017/10/20 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。
2017/10/12 その他 終了 国立研究開発法人情報通信研究機構 NICT国際研究集会開催支援 平成30・31年度公募 海外の研究者を招へいして行う情報通信分野の研究開発に関する国際的かつ学術的な研究集会の国内での開催を支援するもので、NICTが、国際研究集会を開催する大学等の研究機関又は開催責任者の所属する研究機関へ国際研究集会の開催に関する業務の一部を委託する方法により実施します。 2017/10/17 応募される方がおられましたら、直接ご応募ください。

このページのトップへ戻る